【目次】

  1. はじめに
  2. エアライン証明写真における“眉毛”の重要性
  3. 好印象!エアライン証明写真におすすめの眉毛の形
  4. エアライン証明写真の撮影に必要な眉メイクのアイテム・特徴
  5. エアライン証明写真に適したアイブロウメイクの手順
  6. アイメイクも大切!証明写真の目元の印象をアップさせる
  7. エアライン証明写真にふさわしい眉毛メイクなら写真館に依頼
  8. エアライン証明写真のアイブロウメイクまとめ

はじめに

「エアライン就活の証明写真、眉毛も整えた方がいいのかな?」

「眉毛って上手に描けないし、自信ないな」

エアライン業界では前髪は横に長し眉毛をみせたヘアスタイルが主流なので、眉毛を全開で写真を撮ることに抵抗がありますよね。

眉毛で人の印象は大きく変わることを知っていますか?

エアライン就活において、証明写真からあたえる印象は非常に重要になります。

書類審査の段階で良い印象をもってもらえるよう眉毛もキレイに整えておきましょう。

この記事では、正しい眉毛の整え方やメイクの方法を分かりやすく解説していきます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

エアライン証明写真における“眉毛”の重要性

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!1

顔の印象の8割は眉毛で決まると言われているほど、眉毛は重要な顔のパーツです。

<特に、strong>エアライン業界では眉毛を出したヘアスタイルが推奨されているため相手に好印象をもってもらえるように眉毛をととのえる必要があります。

あまりにも細い眉毛や、ボサボサの整っていない眉毛だと印象は良くないですよね。

エアライン就活においては、採用担当者が最初に目にするのは証明写真です。

証明写真から、あなたがどのような人なのかパッと見て判断します。

なので、エアライン証明写真では眉毛にもこだわって撮影に挑みましょう。

好印象!エアライン証明写真におすすめの眉毛の形

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!2

エアライン証明写真での、おすすめの眉毛の形は2つあります。

エアラインを利用するお客様は幅広い年齢層の方なので、どの年代の方にも良い印象をあたえることのできる「アーチ型」や「直線型」の眉毛がおすすめです。

それぞれの眉毛の形について詳しくみていきましょう。

エアラインにおすすめの眉毛の形1:アーチ型

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!アーチ眉

アーチ型の眉毛とは、その名の通りやわらかなカーブを描いた眉のことです。

エアライン業界は接客業なので見た目の清潔感に加えて華やかさや上品さがとても大事になります。

アーチ型の眉毛は、やわらかなカーブを描くことから、女性らしく華やかなイメージを相手にあたえます。

エアラインにおすすめの眉毛の形2:眉尻が細めの直線型

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!直線眉

眉尻が細めの直線型とは、カーブを作らずにまっすぐに描いた眉毛の事です。

アーチ型のやわらかい印象とは異なり、知的でクール、大人っぽい印象になります。

冷静に物事を対処できそうなイメージをあたえることができます。

下がり眉毛・平行すぎる眉毛は控えよう

トレンドの下がり眉毛や平行すぎる眉毛は、自信がないように見えたり困って見えるたりします。

お客様に「この子に任せて大丈夫かな?」と心配させるような眉毛は好ましくありませんよね。

ですから、エアライン就活の証明写真の眉毛の形としておすすめはしていません。

どの世代にも良い印象を与えることのできるアーチ型や直線型の眉毛が理想的です。

エアライン証明写真の撮影に必要な眉メイクのアイテム・特徴

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!5

眉メイクにおいて必要なアイテムは、以下の3つです。

  • ・アイブロウペンシル
  • ・アイブロウパウダー
  • ・眉マスカラ

単体で使用することが可能なのですが、この3つすべてを上手に使うことで顔に立体感がうまれ、より明るく華やかな印象に仕上がりますよ。

では、それぞれの特徴をみていきましょう。

エアライン撮影の眉メイクアイテム1:アイブロウペンシル

エアライン証明写真メイクで必要なアイテム1つ目は、アイブロウペンシルです。

アイブロウペンシルは、メイク初心者の人でも簡単に眉毛をかくことができます。

細かい調整が必要となる眉山や眉尻は、アイブロウペンシルで毛を書き足していくイメージで、眉全体の形をととのえましょう

エアライン写真の撮影に適したアイブロウペンシルの特徴

エアライン証明写真を撮るとき、緊張で汗をかいてしまったなんてことはよくあります。

そのような場合でもせっかくのメイクが落ちてしまわないように汗や水に強いウォータープルーフタイプのアイブロウペンシルをおすすめします。

色味は髪よりも少し明るい色にしましょう。

ダークブラウンがおすすめです。

眉毛を髪よりも少し明るめにすることで顔全体もパッと明るい印象になりますよ。

エアライン撮影の眉メイクアイテム2:アイブロウパウダー

エアライン証明写真メイクで必要なアイテム2つ目は、アイブロウパウダーです。

アイブロウパウダーは、ふんわりと眉を描くことのできるアイテム。眉毛全体の色味や濃度を調整する役割を果たします。

ペンシルだけでも眉毛は描けますが、アイブロウパウダーも一緒に使うことでより自然な眉毛にみせることができます。

エアライン写真の撮影に適したアイブロウパウダーの特徴

アイブロウパウダーは、単色ではなくパレットタイプのパウダーをおすすめします。2~3色入ったパレットがおすすめ

単色だと眉毛に濃淡がなく不自然な仕上がりになってしまいますが、濃淡をつけながら描くことで自然な仕上がりになります。

色味はペンシルタイプと同様に、髪より気持ち明るめがおすすめ。

同じブランドの似た色味だとなお良いです。

エアライン撮影の眉メイクアイテム3:眉マスカラ

エアライン証明写真メイクで必要なアイテム3つ目は、眉マスカラです。

眉メイクの仕上げに使用し、眉毛の色を染めることができるアイテム。

また、眉マスカラをすることで眉毛に立体感を出し自然な印象にしてれます。

ペンシルやパウダーで眉毛をキレイに整えた後、最終的な仕上げとして眉マスカラを塗ることでより美しい眉毛に整えてくれます。

エアライン写真の撮影に適した眉マスカラの特徴

眉マスカラのお色味は、髪より少し明るめにすると、顔の印象も明るくなり好印象。

ペンシル・パウダーと色味を揃えるようにしましょう。

また、眉毛がしっかりとある人は眉マスカラを塗ってしまうと眉毛が濃くなりすぎてしまうことがあるため、透明の眉マスカラをおすすめします。

透明の場合でも、眉毛の流れを整えてくれたりコーティングの役割があるので仕上げに使うと良いですよ。


エアライン証明写真の眉メイクアイテムはプチプラNG?

結論、エアライン証明写真の撮影でのメイクアイテムはプチプラでOK

プチプラの商品であっても良いものはたくさんあります。

プロのメイクさんも結構普通に使っていますよ。

プチプラで眉メイクアイテムを買う場合には、「落ちにくさ」「描きやすさ」を重視して選びましょう。

せっかくキレイに描けてもすぐに汗で落ちてしまったり、そもそもペンシルが硬すぎて描きにくい、などは安くても実用的ではないのでやめましょう。

もちろん、あなたの肌色に馴染むお色味のアイテムをチョイスすることも重要。

もちろんデパコスもOK。

デパコスでは、美容部員の人があなたにあったカラーや質感のメイク用品を選んでくれるので安心です。

また、就活で使用することを話すと適したメイクアイテムも選んでくれますよ。

高価なお買い物にはなりますが、就職後も使うと考えればデパコスを買う選択もアリです。

エアライン証明写真に適したアイブロウメイクの手順

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!6

アイブロウメイクは、きちんとした順番があります。

正しい方法でメイクをすることでキレイな眉毛になりますよ。

順を追って分かりやすく説明していきますね。

眉メイクの手順1:不要な眉毛を処理する・整える

まずは、自分の理想とする眉毛の形をアイブロウペンシルで描きましょう

事前に描いておくことで必要な毛までカットしてしまった、なんていう失敗を防ぐことができますよ。

次に、理想の形からはみ出ている部分をカミソリでそっていきます

カミソリでは難しい部分は毛抜きで抜いて不要な眉毛を処理します。

最後は、はさみで毛をカット

眉頭は下から上に、眉山から眉尻は上から下にコームをあててとかし、はみだしている毛をはさみでカットします。

この方法で、キレイな形の眉毛ができあがります。

   

眉メイクの手順2:アイブロウペンシルで眉の形を決める

不要な毛を処理し、眉毛をととのえた後は早速眉毛を描いていきましょう。

アイブロウペンシルを使って以下の手順で眉を描いていきます。

  • 1.ブラシで眉毛の流れをととのえる
  • 2.眉山~眉尻にかけてペンシルで細かく毛を書き足していく
  • 3.ブラシでぼかす

細かい調整が必要となる眉山や眉尻は、アイブロウペンシルで毛を書き足していくイメージで、眉全体の形をととのえましょう。

眉山は黒目の位置より外側、眉尻は小鼻と目尻の延長線上にくるように描くとGOOD。

眉頭はペンシルで直接描かないのがベター。

眉山から眉頭に向かってブラシでぼかしを入れる程度でOKです。

細かく修正したい部分は綿棒で修正できますよ。

眉メイクの手順3:アイブロウパウダーで全体の色味を整える

アイブロウペンシルで眉の形を整えた後は、パウダーを使ってふわっと自然な仕上がりにしていきましょう。

アイブロウパウダーは、以下の手順で使用していきます。

  • 1.アイブロウパレットから濃い色を選択し、色味の薄いところにのせる
  • 2.明るめの色を選択し、眉頭など眉毛が密集しているところにのせる

アイブロウパウダーは、全体の眉全体の色味を整えるのがポイント。

単色だと自然な眉毛に仕上げることが難しいので2色~3色のグラデーションで描いていきましょう。

眉メイクの手順4:眉マスカラで自眉の色を整える

眉メイクの仕上げは眉マスカラです。

眉マスカラは、以下の手順で塗っていきます。

  • 1.マスカラについた液をティッシュオフ
  • 2.眉毛の毛の流れに逆らって、塗っていく
  • 3.最後に、毛の流れに沿って眉毛をととのえる

最初のティッシュオフは重要なので忘れずにしましょう。

ティッシュオフをせずに直接塗ってしまうとべっとりとした眉毛になってしまい、修正するのも難しくなります。

眉マスカラをすることで自然で柔らかな眉毛に仕上げてくれますよ。

また、せっかくの眉メイクもコーティングしてくれるので撮影時にも安心ですね。

アイメイクも大切!証明写真の目元の印象をアップさせる

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!6

顔の印象の8割は眉毛で決まると言われているのと同じように、第一印象は「目」できまると言われるほど目元も顔のなかでも重要なパーツです。

アイメイクをすると目元がぱっと華やかになり目力を高めてくれます。

あまりにも濃いアイメイクやトレンドのメイクなどは万人受けしないので控えた方がいいですが、健康的に見えてお客様に不快感をあたえないメイクは社会人としてのマナーです。

エアライン証明写真では、アイメイクにも気を配って印象に残る目元を演出しましょう。

エアライン証明写真にふさわしい眉毛メイクなら写真館に依頼

エアライン証明写真の眉毛の形や正しいメイク手順を紹介!7

エアライン証明写真の撮影では、自分でメイクをしても良いのですが写真館に依頼する方法もあります。

「自分にあった眉毛の形が分からない」「何度かいても上手に描けない」という人は写真館に依頼をしましょう。

写真館に眉毛メイクを依頼すると、あなたの雰囲気にあった眉毛メイクをしてくれますよ。

また、写真館の美容師は様々な場所や場面に合わせたメイクの知識や経験が豊富なのでエアライン就活生にピッタリのメイクを提案してくれるので安心ですね。

眉毛はメイクのなかでも特に難しいと言われている部分なので、自分で眉毛を描くのは自信がないという人はプロに任せることもおすすめですよ。

エアライン証明写真のアイブロウメイクまとめ

エアライン就活生に向けて、「エアライン証明写真における眉毛の重要性や正しい眉メイクの方法」をお伝えしました。

眉毛はメイクの中でも難しいパーツですが、顔の印象を左右する大事な部分です。

正しい方法で形を整えて、正しい手順でメイクをすると、思い描いたキレイな眉毛が出来上がりますよ。

自信をもって撮影に臨みましょう。